象印炊飯器 nw-vh10口コミ紹介!nw-vb10 nw-vc10との違いも比較

象印炊飯器 nw-vh10の口コミや評判を紹介します。

また、nw-vb10、nw-vc10との違いを比較しました。

象印の炊飯器は「一度使うと、また使いたくなる!」と口コミで人気です。

人気のnw-vh10ですが、老舗象印製品であるのに価格は良心的(^^)

でも、安いからと言って、手の抜かれた商品ではありません。

「このお値段でこんな機能がついてていいの?」と度肝を抜かれます。

だから、人気なのかもしれませんね。

炊飯器も色々あり、迷っている方も多いでしょう。
そこで今回は、

・nw-vh10とnw-vb10、nw-vc10との違い
・nw-vh10の特徴
・nw-vh10の口コミ(メリット・デメリット)
を本文で詳しくご説明します。

象印炊飯器 nw-vh10
created by Rinker

象印炊飯器 nw-vh10とnw-vb10、nw-vc10との違いを比較

象印炊飯器 nw-vh10とnw-vb10、nw-vc10の違いを調べている方が多いようです。

あまり、変わりがなく思えるので気になりますよね。

その違いについての答えは、

NW-VH10とNW-VB10は販売ルートによる型式違いの商品であり、仕様は全く同じ商品となります。

販売ルートの違いって、購入者さんにとっては、すごーく紛らわしく感じます(-_-)

「統一してくれればいいのに・・・」と思わずにいられません。

しかし、一つだけ大きな違いを見つけましたよ!
それは、価格です。

販売ショップにもよりますが、若干nw-vh10の価格の方が安い傾向にあるようです。

機能が同じなら、価格の安さで決めるのはアリですね♪

象印炊飯器 nw-vh10
created by Rinker
象印炊飯器 nw-vb10
created by Rinker

象印炊飯器 nw-vh10とnw-vc10との違いを比較

もうひとつ、nw-vc10という規格の炊飯器もあるので、nw-vh10との違いを紹介します。

nw-vh10とnw-vc10の違いは、

抗菌効果のある銀イオンが配合された<立つしゃもじ>がついているかです。

・nw-vh10(普通の立つしゃもじがついています)
・nw-vc10(銀イオン配合立つしゃもじがついています)

機能は全く同じで、しゃもじが銀イオン配合かの違いです。

銀イオン配合の立つしゃもじがついているだけで、価格は3000円~5000円違ってきます。

象印炊飯器 nw-vc10
created by Rinker

結局nw-vh10とnw-vb10とnw-vc10どれを選べばいい?

「機能が変わらないなら、結局nw-vh10とnw-vb10とnw-vc10どれを選べばいいの?」って思いますよね?

そこで、あなたがどれを選べばいいのかを、ちょっとだけアドバイスさせていただきます。

nw-vh10がおすすめな方

・同じ機能なら安い方が良い
・しゃもじは特にこだわらない

nw-vb10がおすすめな方

すみません(-_-;)
こちらを購入するのであれば、nw-vh10がおすすめかと思います。

同じ機能なので、わざわざ高く購入する必要はありませんよね。

nw-vc10がおすすめな方

・ちょっと高くても<抗菌された立つしゃもじ>がついている方がよい

象印炊飯器 nw-vh10の特徴

★ 強火で炊き続け、うまみを引き出す<豪熱沸とうIH>の炊飯器です。
沸とう後も火を引かずにIHの高火力で炊き続けるので、芯までふっくらしたごはんが炊き上がります。

★ ふつう・やわらかめ・かためと炊き方が選べるので、水分調整は必要ありません。

★ 最近、ヘルシー志向の方が増え、麦ごはんを食べる方が増えているようです。
食べやすく、おいしく炊ける「麦ごはんメニュー」があるので、もち麦や押し麦を麦本来の風味を生かしながらふっくらもちもちに自動で炊き上げてくれます。

★パン機能として、発酵と焼きが可能です。

★材料を入れるだけでケーキ作りが可能です。
マイコンが温度コントロールしてくれるので、ボタン一つで焦げ付きのないふっくらケーキができるのは嬉しいです♪

★ 30時間の保温が可能。
ただ保温するだけではなく、おいしく保温できる「うるつや保温」「高め保温」の選択ができます。
底センサーが保温に最適な火加減で温度コントロールしてくれるので、水分の蒸発を抑え30時間までおいしく保温可能となりました。

★ 炊きこみごはんの後など、ニオイが気になる時に便利な「クリーニング」機能がついています。
クリーニングボタンを長押しするだけで、自動でにおい残りを抑えてくれます。

★ 普通の白米も、「熟成炊き」を選択することで、更にふっくら美味しい白米に変身です!
お米は炊飯前にしっかり吸水させることでおいしくなるのですが、熟成炊きは時間をかけ水に浸し、芯までじっくり吸水させます。
熟成炊きの白米はお米の甘み成分の一つである糖量が普通の白米と比べ約2.3倍になると言われています。

★ お釜がまる底なので、お米が対流しやすくなり、釜全体に熱が伝わり、ふっくらご飯が出来上がります。

★ 汚れがつきにくい「クリアコートふた」&清潔さ長持ち「ステンレスふた」

★ 立つしゃもじがついているので、置き場所に困りません。

象印炊飯器 nw-vh10のスペック

●加熱方式/IH方式
●炊飯容量/5.5合
●色/ブラウン
●内なべ/黒まる厚釜
●最大炊飯容量区分/B
●電源/交流100V 50/60Hz
●電源ケーブル長さ/1.0m
●消費電力/1105W
●寸法/約W25.5×D37.5×H20.5cm
●ふた開き時の高さ/約41cm
●釜厚/1.7mm
●質量/約4.0kg
●付属品/しゃもじ、計量カップ(白米用・無洗米専用 各1個)
●保証期間/1年
※電源ケーブルはコードリール付。

象印炊飯器 nw-vh10
created by Rinker

象印炊飯器 nw-vh10の口コミ!メリット・デメリットを紹介

象印炊飯器 nw-vh10の口コミ(メリット・デメリット)を紹介します。

楽天では4.54/5点、アマゾンでは4.3/5点の高評価炊飯器ですよ(^^♪

nw-vh10のメリット(良い口コミ)

・同梱のお料理ノートの通りにパンを焼いてみたらめちゃくちゃ美味しかった
・立つしゃもじが便利
・価格は安いのにお値段以上の満足感!
・シンプルで使いやすい
・多機能より高機能がありがたい
・内窯が軽くて便利
・同じお米なのに、炊飯器が変わっただけでご飯がもちもちで美味しくなった
・高い炊飯器でなくても、十分満足な仕上がりになる
・蒸気が出る部分も外せて洗いやすい
・30時間保温しても、固くならず味に問題なし
・以前使用していたIH炊飯器よりも音が小さい
・思っていたよりもコンパクト

良い口コミの中には、他のメーカーの炊飯器からの買い替えの方もいて「やはり象印!」と、メーカー(象印ブランド)の安心感を感じた方も多くみられました。

また、以前も象印を使っていて良かったから、今回も同じ象印の炊飯器を探された方もいます。

全体的に、価格の安さ・ごはんの美味しさ・便利な機能に満足する口コミが多いようです!

nw-vh10のデメリット(悪い口コミ)

・タイマー機能がついていればもっと嬉しい
・内窯にお米がくっつきやすく感じる
・使い始めのニオイが気になった
・開け閉めの時、閉めにくい感じがする

デメリットに関しては「○○のような感じがする」という気になる?ような意見のようです。

多分、前に使っていた炊飯器の使い勝手に慣れているので、新しいものになり「あっ?前の炊飯器はこんな感じだったかな?」と比較してしまっているのかな・・・とも感じました。

炊飯器に限りませんが、何年も使っていたものが急に新しいものに変わったら、やはり初めは違和感は感じるかもしれませんね。

象印炊飯器 nw-vh10口コミ紹介!nw-vb10 nw-vc10との違いも比較まとめ

象印炊飯器 nw-vh10口コミを紹介しました。

お手頃価格なのに、高機能だし、ご飯の炊きあがりの美味しさも良いと好評なので人気ということが分かります。

nw-vb10とnw-vc10との違いも比較しましたが、大きな違いはないようですので、購入の決め手は【価格】かもしれません。

多くの方はご飯は毎日食べるものです。

お手頃の価格で白米やヘルシーな麦ごはんを美味しく食べたい方におすすめの象印炊飯器 nw-vh10です♪

象印炊飯器 nw-vh10
created by Rinker