アイシングの作り方粉砂糖なしの時の上白糖での作り方!他に代用品はある?

最近は、可愛いアイシングクッキーを作る人が増えてきましたね(^^♪
でも粉砂糖はちょっとお高いから上白糖での作り方がないのか?と思う人もいるのではないでしょうか。
また、甘い粉砂糖や上白糖以外の代用品になる、甘みを抑えた材料とかはないものでしょうか。
上白糖やグラニュー糖で粉砂糖を作る方法や、甘みを抑えたアイシングを作りたい人におススメの代用品を紹介します!

アイシングの作り方粉砂糖なしの時の上白糖での作り方!

アイシングを作ろうと思ったら「粉砂糖がないっ!」そんな時は、上白糖やグラニュー糖で作ることも可能です。
少し手間がかかりますが、キレイなアイシングを作るために、ちょっとだけ頑張ってみてください♪

まず、上白糖やグラニュー糖を細かくして粉砂糖にします!
用意するものはミキサーミル、フードプロセッサー、すり鉢など、大粒の上白糖またはグラニュー糖を細かくできる道具です。
ミキサーミル、フードプロセッサー、すり鉢などに上白糖やグラニュー糖をいれて細かく結晶を砕きます。
ミキサーミルやフードプロセッサーなど電動系の細かくする機械はたまにスイッチを切ってどの程度細かくなっているか全体をチェックします。

完全に上白糖またはグラニュー糖がこまかくなったら、最後の仕上げに細かい網目のふるいにかけます。
より細かい砂糖だけを取り出します。
細かくならなかった上白糖またはグラニュー糖は、再度ミキサーミルやフードプロセッサーにかけて、細かくなるまで砕きます。

すべて細かくなりふるいを通り抜けるおおきさになったら今度は上白糖またまグラニュー糖から作った砂糖を保存するためにコーンスターチを入れます。
コーンスターチをなぜいれるかというと湿気で砂糖粉が固まらないようにするためです。
絶対にコーンスターチを入れるのを忘れないでください。
コーンスターチの量は全体の3%程度入れておきます。

以上で、上白糖やグラニュー糖が粉砂糖の代わりとなるものとして生まれ変わりました!

ここで、気を付けておきたいこと!
上白糖やグラニュー糖を細かくするときは一気にやろうとせず、すこしずつくだきます。
理想的には大さじ一杯などの少量が良いのですが、これではあまりにも効率的ではないので、グラムにして最大50g程度で上白糖やグラニュー糖を砕きましょう。
ふるいにかけるときもできるだけ風がない場所でふるいにかけてくださいね。
風があると、細かくなった砂糖が飛び散って台所が大変なことになります。
思っている以上に、粉っぽくなります。

また、ミキサーやフードプロセッサーを使うときは、時折容器をシェイクします。
そうすることで全体がまんべんなく細かくなります。
また上白糖やグラニュー糖がなかったらコーヒーに入れるステックシュガーや角砂糖でも代用できますよ♪

粉砂糖と上白糖を使ったアイシングの違い

まず粉砂糖と上白糖の違いについて知りましょう。
お菓子作りを見ていると仕上げにパラパラ振りかけているのが砂糖粉です。

一方の上白糖はお菓子の材料として混ぜるもの。
上白糖は生成する段階で黒糖の余分な色を執るために活性炭やろ過を繰り返して不純物を取り除きます。
そうしてできた無色透明な糖液が上白糖の元になります。
ショ糖などが沢山残されていると黒糖のように色がついている砂糖になります。

粉砂糖は上白糖をさらに細かく砕いて出来ています。
パウダー状になるまで砕いているので、手間がかかっています。
そのため、普通に売っている上白糖やグラニュー糖よりも価格が少し高めに設定されています。

そして、さらに粉砂糖にも種類があります。
純粉砂糖はグラニュー糖100%の混じりけのない粉糖です。
次にオリゴ糖入り粉糖ですがこちらはオリゴ糖をいれることにより固まりやすい粉糖を固まりにくくしたものです。サラサラでだまになりにくいのが特徴です。
そして一般的に最も出回っているコーンスターチ入り粉糖は、普通に粉砂糖として流通しています。特徴としてサラサラで混ざりやすく、だまになりにくい粉糖です。
最後にトッピング用粉砂糖です。
原材料は、でんぷん分解物、砂糖、乳化剤です。
トッピングようの粉砂糖はさらに水分を吸いにくくしているため糖分の粒子に油脂でコーティングしています。

見た目は、普通の砂糖のより粉砂糖の方がさらさらした見た目になっています。
また触感は上白糖は舌の上にのせると消えていなくなるような感じですが、粉砂糖は、舌の上で溶けた後に少しザラザラとした感じが残ります。
これは溶けにくく加工してあるからです。

このことから、上白糖をそのままアイシングに使っても、粉砂糖よりも溶けやすい事から、水分量の調節が難しくなってきますし、乾燥しにくくなるという原因になります。

だから、粉砂糖の代わりに上白糖やグラニュー糖を使う場合は、細かく砕いた後に、コーンスターチを入れる必要があるわけです。

アイシング粉砂糖なし代用品(上白糖以外)はある?

アイシングを作っていて避けて通れないのが砂糖粉です。
砂糖粉はしっかりとした味をつけるためになくてはならない材料です。
しかし、砂糖の甘さ・・・を気にする人も少なくありません。
そこで上白糖や粉砂糖を抜いたものを使用する方法を探してみました。

現在は多くの飲料やお菓子に人工甘味料が使用されていますが、その中でも体に影響がないとされているのはキシリトールです。
キシリトールを砂糖と同じ手順でミキサーやフードプロセッサーにかけて細かくします。
基本的にキシリトールは甘みが少ないので、ブドウ糖と併用して使います。
あまり甘くなり過ぎないように途中味を見ながらミキサーをフリフリしながら細かくします。細かくした後はコーンスターチをかけて固まりにくくします。
キシリトール以外にもステビアがありますが、取り扱っているお店が少ないので、キシリトールをお勧めします。

アイシングの作り方粉砂糖なしの時の上白糖での作り方!他に代用品はある?まとめ

砂糖と言っても、種類で出来上がりの差が全く変わってくるアイシング。
粉砂糖の代用品でも十分アイシングを作ることは可能ですが、お菓子作り初心者や慣れていない場合は”確実”を求め、基本に忠実に”粉砂糖”を使ったほうが良さそうですね♪
アイシングを思い通りに使えるようになったら、お菓子作りの幅も広がりそう!(^^)!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする